So-net無料ブログ作成
検索選択
●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月 ブログトップ

阿嘉島旅行 総括 [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

スーパー辰登城で買ったジュース。
じゅーす1.jpg

 これね、シークワサーと沖縄のちっちゃいみかんの果汁の原液みたい。
しかも、お値段も730円ととってもお高いの。
ま~、酔っ払ってたので、お値段に気づいたのは、飲み終わってからなんですけどね。
柑橘特有の苦味もあって、人によっては、「げ~」かもだけど、私にとっても美味しいジュース。
特に、お日様サンサンの中の終日いるので、ビタミンCとんなきゃっと体が欲しますしね。

でもでも本当は・・・。焼酎で割ったほうが美味しいかも~

 

 

 

 

 

 

沖縄の気候が一番安定する6月最終週から7月中旬。
慶良間諸島へお出かけするのに、一番外れが無い時期ですね。

人の少ないビーチでのんびりするもよし。
ニシバマ最後.jpg

 

 

 

 

 

 

 

お魚さんと戯れるもよし。
もんがら.jpg

 

 

 


やはり、私は、こいつとのんびり派です!
ビール.jpg


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

阿嘉島への往復 [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

慶良間諸島へは、本当から日帰りスノーケリングツアーとか出てるけど、やはり宿泊して
のんびりしたいです。
本島から、フェリー、高速船、飛行機(RAC)の3パターンの行き方があります。

私は、いつもフェリーです。
座間味村が運行してるのかな~?予約とかは座間味村の公式HPから行えます。
フェリーと高速船、料金が高速船の方が1.5倍くらい高いです。でも、時間が30分~40分早いです。
何で時間をお金で買う私がフェリーなのかというと・・・
羽田の朝一便(6:25、6:35 どっちでも)で9時に那覇空港に着いて、預け荷物にせず、さっさとタクシーに乗れば、10時発のフェリーに間に合うのすよ。
ちなみに高速船は、9時出港なんで間に合わないの。

泊港に、こんな可愛らしい売店がありました。
港.jpg

沖縄は「宮崎に負けず!」っとマンゴー名産地を押し出しているのかな~。
ちなみに、この売店、阿嘉港にもありました。
マンゴースムージーは本物マンゴーとカキ氷をまぜまぜして、その場で作るので、とっても美味です。(440円)

 


フェリーは、それなりの大きさ。
港2.jpg
とはいっても繁忙期は結構な人です。

 

 


港3.jpg
っま、私はこいつといっしょに、お日様浴びながら屋上デッキでホゲホゲです。

 

 


そうこうすると、阿嘉ブルーの海が迎えてくれます。
港4.jpg

う~ん、きたぁ~!!






帰りは16:30阿嘉港発~18:00泊港着です。
これが、また結構な混み具合。座間味港からすでに人が乗ってくるから、満席なんです。
港5.jpg
しかも、今回は、こんなやから幅を利かせてました。
人の頭くらいぶっとい腕を持つ外人さんなので、
「ちょい、つめて!」
っと誰も怖くて言えないみたい。

 

 



帰りは、汗だくになりたくないし、雨に濡れたくないし・・・
お勧めは、2階デッキ。お外だけど、屋根ついてるし、船が動けば良い風吹くし、ベンチだし。
エアコン席にみんな集中するので、さっさとあきらめて、こっちに陣取りした方がいいみたい!

でもね、昔よく通った伊豆七島(八丈、三宅、神津 など)の週末の2等席に比べたらぜんぜんOKです。
ただし、子供がギャーギャーいいなから鬼ごっこしてるので、けつまずかないように注意!

そして、那覇空港で最後の沖縄ソバをすすり、
20:00発の羽田行きに乗って・・・さよなら沖縄~、また来るよん!


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

阿嘉島でのRUN [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

今回の沖縄旅行では、2回走りました。

①慶良間空港
 阿嘉島~慶留間島~外地島と、橋でつながってますんで、走っていけます。
 アップダウンはそんなに大きくなく、海辺の舗装道路を走るので、結構楽に走れます。
 でも、空港への最後の坂、結構辛かったっす。
坂.jpg慶良間空港.jpg

 

 

 


慶良間空港はフェンスで閉まってましたけど、ちょいと乗り越えてパチリ[カメラ]
飛行機、定期便になればもっと楽にこれるのにな~

後原展望台 中岳展望台
朝、走り始めたときは、後原展望台まで行く気まんまんだったの。
でも・・・。無理~。展望台があるくらいだから、山登りなんです。
距離的には、慶良間空港より近いんですけどね。
あっ、山登りっていっても、道は舗装されてます。
登り切った所に、「中岳展望台 →」っと標識があったので、予定変更~
一応、丸太の階段があって、そこを登りきると東屋があります。阿嘉島で一番高いところかな?
四方に海が見えました。
空港往復は、ランナーと何人か会いましたけど、このRUNは、たった一人だけ。
しかも、年季の入ったランナーでした。

もっと、練習しなくちゃね。
らん.jpg

スライド小さっ[exclamation×2][あせあせ(飛び散る汗)]

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ペンションくば [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

今回、お世話にになったお宿は「ペンションくば」です。
くば1.jpg
口コミが良い事だらけの、隣に建っている「ペンションすまいる」に泊りたかったのだけど、満室でした。
次に口コミがよかったので・・・・

でも、ここ、あたりです[わーい(嬉しい顔)]

 

 

 

 

阿嘉島の集落は、港回りしかないです。なので、お宿も全てそこにかたまってます。
なので、屋上からは、前浜が良く見えます。
ちなみにお隣は、「ハナムロイン」という洋風民宿。くばの屋上から丸見えです[ふらふら]
くば2.jpgハナムロイン.jpg

 

 


ハナムロインは、以前、ご夫婦でリクルートにお勤めだったけど、ダイビング好きが高じて、阿嘉島に民宿を開いたっと、テレビドキュメンタリーで放映されました。
なので、行ってみたいな~っとは、思っていたけど、やっぱり狭いです。

さて、くばですが、3階が洋室。1階が和室。のお部屋になっているみたいです。
3階でエレベータを降りると・・・
くば6.jpg

こんな感じ。
両方にお部屋があります。
廊下に共用冷蔵庫がありますので、買った[ビール]を冷やすこともOK。
冷凍庫もあるので、氷を買ってきてもOKです。

 

くば7.jpg


お部屋はこんな感じ。
普通のビジネスホテルより、広々してます。
シャンプー、リンス、石鹸、歯磨きセットがあります。
バスタオル&フェイスタオルもありますが、取替えは有料です。

 


屋上に洗濯機があって、1回100円で使えます。洗剤はフロントで買えます。
なので、タオルは自分で洗ってました。
が、注意! 持参したバスタオルを干してたけど、取り込みに行ったら無かったです。
白いゴルフ場にあるようなタオルだったので、間違えたっていうか、宿のだと思われたのかも。
バスタオルは、花柄など間違えられないようなものの方がいいかもね。

お食事も美味いです。
ペンションなんで、食堂に宿泊者全員は同じ時間に集まって、同じものをいただきます。
くば4.jpgくば5.jpg

 

 

 


夕ご飯と朝ごはん。
ご飯はお代わり自由。
朝食は、梅干と味付け海苔と昆布の佃煮が、こんもりあって、朝から白飯が進みます。

くば8.jpg


1階には、ダイビング機材の洗い場と露天ジャグジーがあります。
この、PENSIONくばと書いてある塀の向こうがお風呂。
冬だと沖縄も寒いので、このお風呂で暖まったら気持ちいいかも。

シャワールームもあって、お湯が無償で出ます。
最終日、チェックアウトした後はお部屋がつかえないので、おのシャワールームでさっぱりしてから帰りました。

ニシバマビーチで売店やったり、阿嘉島唯一のタクシー会社やったりと経営の多角化をしててやりての経営者なのかも・・・(おじーとおばーだけどね!)
清潔だし、食事も美味しいので、また泊ってみたいお宿です!


無人ビーチで・・・ [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

今回の旅の目的の一つは、人の少ないビーチでまったり!

阿嘉島には、ガイドブックに乗っているようなメジャーなビーチは、3つしかないけど、
行くのが大変だけど綺麗なビーチがいっぱいあると聞いてます。
なので、宿のお兄さんに、「スノーケリングがGoodで、人の少ないビーチはどこ?」
っと聞いて教えてもらいました。
無人1.jpg

宿からタクシーで15分くらいのビーチ。
山を越えていくので徒歩は苦しいです。

山頂から撮ったビーチの写真です。

 

 

 

 


到着~
無人2.jpg

全く人がおらず、空と海と白い砂浜だけ[exclamation×2] 

途中、バイクで3人組の男の子達が来ただけで、あとは、ずっと、ビーチはウチラだけでした。

 

 

 

 

海の中もよかったです~
デジカメのバッテリーがなくなっちゃたので、写真無いのが残念。
上の写真の真ん中の岩の手前が、少々深くなっていて、サンゴがいっぱい。
ニモもいましたよん[わーい(嬉しい顔)]
ただし、潮溜まりみたいなので、透明度はいまひとつ。
タクシーのおっちゃんには、「沖に出ると、いいよ~」っと言われたので、行ってみました。
途中まで歩いていって、サンゴが生きてるところから、お腹すらないように泳いでいったら~

ひゃ~!素敵。
リーフが割れていて、10メートルくらいドスンと落ちてます。
ロウニンアジとか大きなお魚もいて感動!

そして、楽しみは、やはり・・・
無人3.jpg
こいつです。

ここのビーチは、お店もトイレもな~んにも無し。
いろいろ買い込んで行きました。
日陰も無いので、日焼けに注意!


 

タクシーで片道1500円弱です。
ここ、素っ裸で泳げます。たぶん・・・[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]


nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

シーカヤックで慶留間島&外地島を1周! [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

今回の旅の目的の一つはシーカヤックで陸から行かれないビーチでスノーケリング!
RIMG0044.jpg

 

 

 


今回お世話になったのは、シーカヤックショップ RYO さんです。
  1日コース・・・AM9:30出発~PM16:00帰着 ¥11,000(ランチ・ドリンク・保険込)
を事前にネットで申し込みました。

前日に詳細を詰めたいので、「宿泊場所にスタッフが行く」又は「お店まできてくれ」と言われてたので、興味もあるので、夕食後にプラプラとお店まで行ってきました。
申込書とか記入して・・・
「明日の風状況からみて・・・、外地島の先のムカラク島まで行きましょう!」
とのこと。待ち合わせ時間と場所を約束して帰ってきました。

翌日待ち合わせ場所の前浜(マエバマ)ビーチの東屋に9:15に行きました。
カヤック1.jpg
昨日もお店にいたけど、愛想の悪いオヤジが一人、ホゲっと座ってます。
ビーチでは出発準備をスタッフ達がやってたので、お客さまなのかな~・・・っと。
そうこうしてたら、スタッフのお姉さんが浜からやってきて、
 「こんにちは! まどかです。よろしく~」
っと大阪弁で声をかけてくれました。

「さ~、出発です」
っとカヤックを海に出して、乗り込んだら、その愛想の無いオヤジが、
あーだこーだと指示を出すので・・・・。そう、オーナーのたけさんでした[わーい(嬉しい顔)][あせあせ(飛び散る汗)]

カヤック2.jpg阿嘉島大橋の下をくぐって、慶留真島を右に見て、はっはと漕いで行きます。

 

 



カヤックげるま.jpg

 カヤック3.jpg

 

 

 



慶留真橋を超えたところで、
 「上陸で~す」
っと外地島の無人ビーチに到着。
ここでスノーケリング&お昼ご飯です。

まずは、基地の設営。っていっても、スタッフさんが全てやってくれて、私は手伝うそぶりのみ[ふらふら]
タープが張れたので、日陰で珈琲タイムです。

しばらくすると・・・
 「行こか!」 っとたけさん。
三点セットを持って、海に入っていきます。
地形がダイナミック~[exclamation×2]透明度も上がってます。お魚さんもいっぱい!
1時間以上パシャパシャしてました。
ライフジャケット着て!って言われるかな・・・、着なくてもOKでした。
スタッフのしんじさんが、もしものために、持って泳いでたけど・・・。

さて、ランチ。
カヤック4.jpg
たけさんとまどかさんが調理してくれました。
沖縄ソバと豚丼です。
どっちも、そんじょそこらの食堂より、とっても美味しかったです。
特に、豚丼の微妙な辛さの味付けは、最高でした。




ちょいと休憩して、また海へ!
今度は、デジカメ持って入りました。
カヤックさかな.jpgカヤックさんご.jpg

 

 


 

そして、13:30に出発。
「このまま、前浜に戻ってもいいけど、元気ありそうだから、1周しよう」
っという事になりました。

はっはっとまた漕いでたら・・・
 「到着で~す」
カヤックむからく島.jpgっと、ムカラク島(外地島の先)に上陸。
もち、無人島で、そこにいるのは、ウチラだけ!
海水浴してかき氷食べて・・・

 

 


「出発で~す」
ひたすらこいでこいで・・・
かやっく前浜.jpg
前浜に到着







RIMG0032.jpg
こいつが待ってました!

 

 


[ビール]持って行ったけど・・・
自粛しました。多分、飲んでも、誰も何も言わなかったと思うけど・・・
何かあったら周り迷惑かけますからね。


nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

ニシバマ ビーチ [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

阿嘉島一!う~ん・・・ケラマ一!のニシバマビーチでスノーケリングが今回の旅の目的の一つ!
ニシバマって漢字で書くと「北浜」・・・キタハマじゃん!
沖縄方言で、北はニシ、西はイリ、なのね~

あっち~[晴れ]っと言いながら、ビーチに着いたら即、海へドボ~ン
つのだし2.jpg
あんれ~、あまり透明度良くないし~
サンゴ死んでるし~
ツノダシくらいしかカラフルな魚いないし~

っとつぶやきながら、沖へ泳ぐと・・・

 

北浜3.jpg

 

すっこ~んっと抜けます。
下が砂浜なので、明るい~

 


北浜4.jpg
クマザサハナムロっかな?
小魚の大群も結構います。

誰にも愛される、クマノミもモンガラカワハギもいますよ~

 

北浜1.jpg

 

ポイントは、ビーチに出ると、ダイビング船を係留するためのブイが見えます。そのアタリが、間違いないです。
海に入ってすぐは、サンゴの死骸でいっぱいだけど、沖に向かって泳ぐと、じょじょに元気なサンゴになってきて、リーフの切れ目でドンっと7~8メートル落ちて下は砂浜です。そのリーフ沿いにパシャパシャしてるといいですよ~

 

生きたサンゴがいるあたりも足が着いちゃうくらい浅いです。
なので、泳ぎに自信が無い人は、ライフジャケットか浮き輪を着けてのシュノーケリングをお勧めします。
両方とも、ビーチ手前の売店「くば」でレンタルしてくれます。
北浜売店.jpg

ニシバマ唯一の売店&食堂である「くば」。
っが・・・・・[ビール]は販売してないんです~[もうやだ~(悲しい顔)]
どうも、阿嘉島のお店屋さんの自主規制らしいです。
ヒズシビーチの売店(夜はバー)も昼間はお酒の販売をしないって行ってました。

 

なので、ビーチに行く前に購入する必要があります。
阿嘉島港近くのスーパー辰野城で6パック買っていくんだった・・・
この日は、ビール無しでビーチリゾートしてました。

ニシバマまでは、歩くと20分弱かかります。
レンタル自転車ってのもあるけど・・・この時期、とってもとっても日差しが強いです。
なので、いい歳した大人の私は、宿にお願いして送迎してもらいました。
往復で500円/人です。[手(チョキ)]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

行ってきました~ [●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月]

梅雨明け&台風シーズン前のこの時期、毎年沖縄に行ってます。
今回は、慶良間諸島の阿嘉島に行ってきました。
海1.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビール1.jpg

もちろん、こいつと3日間べったりです。

 

 


海2.jpg
沖縄本島からフェリー[船]で1.5時間なのに、こんな綺麗な海・・・

 

 

 

癒されてきました~[手(チョキ)]





nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
●沖縄旅行 阿嘉島 2008年7月 ブログトップ
メッセージを送る